父の日にサプライズを。Amazonでギフトをチェック

【保存版】本気でおすすめしたい1990年代洋楽ロックの名盤10枚!傑作アルバムを厳選

1990年代ロックの名盤を聴いてみたい・・・

ロックは80年代で終わったんじゃ・・・

そんな方に一度は聴いてほしい1990年代ロックのおすすめアルバム10枚を紹介します。

90年代で迷ったらまずはこの名盤たちを。

音楽をお得に入手する方法はこちらをご参照ください

名盤、名曲を安くお得に聴きたい方へ、音楽を賢く入手する方法

1990年代洋楽ロックの名盤①モーニング・グローリー 

画像Amazon

イギリスのロックバンド、オアシスが1995年にリリースしたアルバム「モーニング・グローリー」。

ビートルズのようなロックスターになる、そう高らかに宣言したオアシス。

聞けばそれがただのビッグマウスでないことがわかります。

デビューアルバムの粗さはみごとに洗練され、すべてシングルカットできるほどの完成度の高い楽曲ばかりで構成されているこのアルバム。

問題発言が多いためあまり彼らを好きになれない人も少なくないかもしれません。

ですが、そんな私情を抜きにしても評価せざるを得ないのが「モーニング・グローリー」。

Wonderwall
オアシス
1995/10/02 ¥200

【90年代も名盤ばかり】ブリットポップの代表ロックバンド、おすすめアルバムを紹介

1990年代洋楽ロックの名盤②ラヴレス 

画像Amazon

ノイズサウンド+ささやくようなウィスパーボイスで歌うシューゲイザーに代表されるロックバンド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインが1991年リリースしたアルバム「ラヴレス」。

もはやラヴレスはシューゲイザーの模範的作品で、プロミュージシャンたちからも愛されているアルバムです。

セカンドアルバムにして現時点の最高傑作であり、90年代のロックにレディオヘッドとともに鋭く切り込んだ作品。

下記曲「オンリー・シャロウ」は鳥肌モノです。

これほどまでに退廃的で秩序を乱しまくる楽曲は知りません。

Only Shallow (Remastered 2006)
My Bloody Valentine
1991/11/05 ¥200



1990年代洋楽ロックの名盤③OKコンピューター 

画像Amazon

イギリスのロックバンド、レディオヘッドが1997年リリースしたアルバム「OKコンピューター」。

レディオヘッドの最高傑作はこの「OKコンピューター」か「Kid A」のふたつがよく挙げられるのですが、個人的には「OKコンピューター」が一番だと思います。

詳しくは下記記事で解説しているのですが、その革新性、影響力はファンをはじめミュージシャンや音楽評論家にまで波及しました。

レディオヘッドのおすすめアルバムは?どれが最高の名盤なのかの議論に決着をつける

もうロックに進歩はない、そう誰もが感じていたころにレディオヘッドは原点回帰を思い出させつつも、新たなロックの可能性を示しました。

No Surprises
レディオヘッド
1997/05/21 ¥250

1990年代洋楽ロックの名盤④ネヴァーマインド 

画像Amazon

好みなど関係なくロックファンであれば避けてとおることができないのが、アメリカのロックバンド、ニルヴァーナの「ネヴァーマインド」。

私自身、ニルヴァーナに対しては特別好きという感情はないのですが、90年代のグランジブームに彼らに感化された数々のバンドの存在、27歳で自ら命を絶ってしまったカート・コバーンを思うと無視することはできません。

ニルヴァーナの「ネヴァーマインド」によって衝撃がもたらされた90年前後、当時のロックファンは、音楽の流れが変わる瞬間をリアルで体験したのではないでしょうか。

ニルヴァーナ以降のロックバンドは、いまだ彼らの幻影から逃れることができないでしょう。

Smells Like Teen Spirit
ニルヴァーナ
1991/09/10 ¥250



1990年代洋楽ロックの名盤⑤パークライフ 

画像Amazon

スウェードからはじまったといわれるブリットポップという音楽を定義づけたとされるのが、イギリスのロックバンド、ブラー。

彼らが1994年リリースしたアルバム「パークライフ」は、そのブリットポップブームの代表格です。

1995年のブリット・アワードでは、ライバルであるオアシスのデビューアルバムを押しのけて史上最多4部門の賞を受賞しました。

ちょっと懐かしさを感じる60年代風のレトロサウンドは、ビートルズを彷彿させます。

オアシスとブラー、あなたはどちらが好みでしょうか?

Girls and Boys
ブラー
1994/04/25 ¥250

1990年代洋楽ロックの名盤⑥ドゥーキー 

画像Amazon

アメリカのロックバンド、グリーン・デイが1994年にリリースしたアルバム「ドゥーキー」。

ラモーンズやセックス・ピストルズ、クラッシュなどに代表されるパンク・ロックをポップにして大衆向けにパンクを届けたグリーン・デイの3枚目のアルバムです。

ポップな楽曲の中にも、静かなる反抗、誰もが経験するような身近な心境・境遇を歌い若者の共感を誘います。

ティーンエイジャーにとってのロックのバイブルです。

Basket Case
Green Day
1994/01/28 ¥250

グリーン・デイ(Green Day)の名曲ランキング!過激パンクから名バラードまで代表曲・ヒット曲を厳選

1990年代洋楽ロックの名盤⑦アクトン・ベイビー 

画像Amazon

アイルランド出身のロックバンド、U2が1991年にリリースしたアルバム「アクトン・ベイビー」。

前作までの名作「ヨシュア・トゥリー」や「魂の叫び」から方向転換したアルバムで、ダンスビート全開な楽曲が主張します。

しかしそんな中でもシングルカットもされた「ワン」は、前作までの風味を漂うわせる珠玉のバラード曲。

方向転換したU2を聴いてから改めて「ヨシュア・トゥリー」などの初期作品を聴くと、より光って聞こえるように感じられます。

ワン
U2
1991/11/18 ¥250

1990年代洋楽ロックの名盤⑧レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

画像Amazon

アメリカのロックバンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのデビューアルバム「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」。

特筆すべきは、メタルとラップとの融合が生んだ強力なパワー。

社会批判、政治的メッセージ性がとても強く、ヘヴィなサウンドにも負けない歌詞の重みを感じます。

一見野蛮に思えるサウンドの中には知性が垣間見えます。

アルバムジャケットは、政府への抗議のために焼身自殺した南ベトナムの仏教僧の写真。

過激すぎるジャケットは、彼らの思い・主張の強さの表れです。

Killing In the Name
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
1992/11/02 ¥200

1990年代洋楽ロックの名盤⑨メタリカ 

画像Amazon

メタル界四天王のひとつであるヘヴィメタルバンド、メタリカが1991年にリリースしたアルバム「メタリカ」。

通称「ブラック・アルバム」と呼ばれているアルバムです。

もはやロックの範疇ではないかもしれませんが、90年代の名盤にはずせません。

ヘヴィ・メタルはそのサウンドの重さ、激しさから万人受けはしないかもしれません。

が、メタリカに限っては例外。メタルファン以外をも取り込むパワーがすごいです。

下記曲「エンター・サンドマン」はメタリカ最大のヒット曲で、どこまでも重いサウンドで力強い。

聴けば必ず、メタリカがヘヴィ・メタル界の王者たる理由がわかります。

Enter Sandman
メタリカ
1991/07/29 ¥250

【ロック史】NWOBHMとヘヴィ・メタル

1990年代洋楽ロックの名盤⑩ラーズ

画像Amazon

イギリスのロックバンド、ザ・ラーズが1990年にリリースした最初で最後のアルバム「ザ・ラーズ」。

彼らを思うと、バンド活動には個々の音楽センスよりもさきに、バンド内外の人間関係が最重要なのだろうというのは感じずにいられません。

残したアルバムはたった1枚ですが、「ゼア・シー・ゴーズ」に代表される爽やかなギターサウンドは90年代以降のブリティッシュ・ロックに絶大な影響を与えました。

同じイギリス出身のロックバンド、オアシスもラーズのファンだそうです。

There She Goes
ラーズ
1988/10/31 ¥250

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック

90年代ロックの名盤を聞こう!

以上、1990年代ロックの名盤10枚の紹介でした。

音楽をお得に入手する方法はこちらをご参照ください

名盤、名曲を安くお得に聴きたい方へ、音楽を賢く入手する方法