ブリティッシュ・ロック福袋2020ネタバレ

【朝に聞きたい名曲】爽やかな癒しのクラシック音楽のおすすめ

爽やかな朝に聞きたくなるのが、清涼感ある癒しのクラシック音楽。

当記事では、朝に聞きたいクラシック音楽の名曲を紹介しています。

朝に聞きたいクラシック音楽:朝

朝(《ペール・ギュント》より)(グリーグ)
エーテボリ交響楽団 & ネーメ・ヤルヴィ
2000/01/01 ¥250

  • 曲名:ペール・ギュント第1組曲 第1曲「朝」
  • 作曲者名:エドヴァルド・グリーグ

タイトルからして朝にぴったりのクラシック音楽です。

劇作家ヘンリック・イプセンの戯曲「ペール・ギュント」のために作曲したもの。

イプセンからグリーグに作曲を依頼したそうです。

朝に聞きたいクラシック音楽:アラベスク第1番

ドビュッシー: アラベスク第1番
フランソワ・ジョエル・ティオリエ
1995/05/17 ¥150

  • 曲名:アラベスク第1番
  • 作曲者名:クロード・ドビュッシー

ドビュッシーのアラベスク第1番はピアノの旋律の美しさがとてもよくわかる名曲ですね。

清らかな音は目ざめに良さそうです。

朝に聞きたいクラシック音楽:アルルの女

アルルの女~メヌエット
パトリック・ガロワ/ジャック・メルシェ指揮、ルクセンブルク放送管弦楽団
2009/07/01 ¥250

  • 曲名:アルルの女 第2組曲No.3「メヌエット」
  • 作曲者名:ジョルジュ・ビゼー

ビゼー作曲のアルルの女。

この旋律は誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

繊細でかわいらしく優雅な曲調です。

朝に聞きたいクラシック音楽:木星

組曲「惑星」 – 木星(ジュピター)
Royal Scottish National Orchestra & デーヴィッド・ロイド=ジョーンズ
2011/09/29 ¥150

  • 曲名:組曲『惑星』 作品32「木星」
  • 作曲者名:グスターヴ・ホルスト

ホルストの大作組曲「惑星」から。

曲名や作曲者は知らなくても、フレーズは必ず誰もが知っていますね。

もはや幅広いジャンルを持つクラシック音楽を代表する曲といってもおおげさではありません。

朝に聞きたいクラシック音楽:誰も寝てはならぬ

プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》から〔カラフ〕誰も寝てはならぬ(第3幕)
ルチアーノ・パヴァロッティ, ジョン・オールディス合唱団, ワンズワース・スクール少年合唱団, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 & ズービン・メータ
1973/01/01 ¥250

  • 曲名:「トゥーランドット」<誰も寝てはならぬ>
  • 作曲者名:ジャコモ・プッチーニ

プッチーニの音楽劇「トゥーランドット」の<誰も寝てはならぬ>。

映画だったりテレビだったりで頻繁に流れるため聞いたことがある人は多いはず。

優雅な目覚めにぴったりな1曲です。



朝に聞きたいクラシック音楽:ます

シューベルトのます
ウィリアム・ジョーンズ & コンセル・ソンドール
2015/08/05 ¥250

  • 曲名:「ます」
  • 作曲者名:フランツ・シューベルト

シューベルトの曲「ます」。

ゆるやかに眠りから覚めるような、休日の朝にピッタリな曲です。

朝に聞きたいクラシック音楽:ディヴェルティメント ニ長調

ディヴェルティメント第1番 ニ長調 K.136 – Allegro
カペラ・イストロポリターナ & リヒャルト・エトリンガー
1997/11/01 ¥150

  • 曲名:ディヴェルティメント ニ長調 K.136 Allegro
  • 作曲者名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

モーツァルトのディヴェルティメントは華やかで明るく、晴れた朝に聞きたくなります。

弦楽器のつやつやとした美しさ、魅力を最大限に発揮した曲に思いますね。

朝に聞きたいクラシック音楽:田園

ベートーヴェン:交響曲第6番へ長調作品68《田園》:第1楽章:田舎に着いたときの愉快な感情の目覚め(アレグロ・マ・ノン・トロッポ)
アムステルダムコンセルトヘボウ管弦楽団 & ベルナルド・ハイティンク
1994/01/01 ¥400

  • 曲名:ピアノソナタ第15番ニ長調 作品28(「田園」)第1楽章
  • 作曲者名:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

長い眠りから覚め大自然へとかけていく、そんな爽やかで明るいイメージを抱くベートーヴェンの名曲です。

朝に聞きたいクラシック音楽:花のワルツ

花のワルツ(チャイコフスキー)
ウラジーミル・フェドセーエフ & モスクワ放送交響楽団
2013/02/06 ¥250

  • 曲名:「くるみ割り人形」<花のワルツ>
  • 作曲者名:ピョートル・チャイコフスキー

「花のワルツ」という題名がとてもしっくりくるほどに優雅で華やかなチャイコフスキーの曲です。

あまりにも有名な曲で、単独で演奏されることも多いです。

朝には爽やかなクラシック音楽を

以上、朝に聞きたい爽やかなクラシック音楽でした。

とくに休日のゆったりとした朝になんか、ぴったりだと思います。

気持ちの良い気分にさせてくれる名曲たちを聴いてみましょう。