MUSEのこと書いた記事一覧

初めて聞いた瞬間から好きになった曲って覚えてる?

音楽にも「慣れ」ってあるじゃないですか。

最初はいまいちだと思っていても、聞いているうちにだんだん耳に馴染んできて好きになってきた、みたいな。

私はどちらかというと、初見で「良い!」と思うことよりも何度も繰り返し聞いて好きになっていくパターンが多いです。

だんだん良くなってくる曲ももちろん良いけれど、やっぱり初めて聞いた瞬間から刺さる曲に出会ったときのエクスタシーは半端ないんですよね〜。

なんだろう、アハ体験みたいな?そんな気持ちよさがあります。

今回は、「今まで聞いてきた中で最初から良かった曲なんだったっけ」という話題です。

初めて聞いた瞬間から良かった曲

ストックホルム・シンドローム

MUSEのファンになったきっかけがこれ。だからMUSEでは「アブソルーション」が一番好きなんです。

これ聞いたときすごく衝撃的だった〜。最初から最後までずっとサビみたいな。つまりは終始盛り上がりっぱなしの破壊力半端ない曲。もはや好きを通り越して愛してるw

21世紀のスキッツォイド・マン

キング・クリムゾンでは「レッド」というアルバムが一番好き。だけど衝撃度はこれなんですよ・・・。もはやこの曲に対しては恐怖すら感じましたよねwゾゾッとしました。

ジャケットと曲名と歌い方・・・どれもが恐ろしくて禍々しくて。でもかっこよくて曲が良くて怖いもの見たさで聞いちゃうっていう。

パラノイド・アンドロイド

レディオヘッドって、”「OKコンピューター」か「キッドA」か ”みたいなとこありません?次点が「ベンズ」みたいな。

でも私は断然オケコンなんですよ。その理由がこの曲。「ノ・サプライゼズ」や「カーマ・ポリス」ももちろん良いけど、「パラノイド・アンドロイド」が個人的に延々に聞いていたくなるくらい好きで。

この曲を聞いてると、「やっぱりレディオヘッドはオケコンに限るな!」なんて思ってしまうんです。

近未来感と美しさの中にある不気味さが病みつきです。

アドバート

ブラーのアルバム「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」より。

いかにもなブリットポップ感が良くないです?いかにもなブリットポップ感を説明しろと言われると困るんですが、感覚的なものですw

レトロっぽさとおしゃれな雰囲気はたまらないんですよ。

キル・ザ・キング

かっこよさの極みでしょ?

永遠の調べ

美しさの極みでしょ?

フォトグラフ

デフ・レパードのね。

「I See Your Face Every Time I Deam〜」からの流れが好きすぎてつらい!かっこよすぎでしょ〜!

ヤツらは町へ

ダメだ、フィル・ライノットかっこよすぎる。

シン・リジィのホログラムでやるライブがあれば観に行きたい。死ぬほどかっこいい。この人よりかっこいい人いないと思うわ

プリーズ・ドント・リーヴ・ミー

これはね、プリティ・メイズのカバーのほうが好きなんだ・・・。

ジョン・サイクス好きな私だけど、こればっかりはプリティ・メイズverが甘くとろけるから大好きなんだ・・・。

この曲のさ、あのギターソロやばいよね。ずっと聴いていたい。

これでプリティ・メイズに興味を持ったことから彼らのオリジナル曲を聞いたけど、普通にヘヴィメタルでびっくりしましね。

本日の睡眠導入アルバムは「脱獄」

シン・リジィの気分です。てことで「脱獄」。

Amazon Music Unlimited ならお使いのスマホで今すぐ聞けて便利なのでぜひ。

ああ〜いいね。フィルがほんと良い。

楽曲のかっこよさはもちろんなんですけど、フィルの声が好きすぎてそれを聞くために聞いているところもありますw

ボーカリストってこうあるべきだよな〜っていう魅力が詰まった人ですよね。カリスマ性もあるし。

でもね、かっこよすぎてテンション上がっちゃうから、寝る前に聞くのにはあんまりおすすめじゃないかも笑

「エメラルド」まで聞いても興奮して寝れないからねw

寝れなくなったら続けて「ブラック・ローズ」を聞くのがおすすめ。

ますます寝れなくなるからw

デンジャラス!!ですねw