♪愛してやまないMUSEの名盤ランキング♪

リトル・フィートの名盤「ディキシー・チキン」で秋を感じる

肌寒くなってくると聞きたくなるアルバムがあるんですよね。

それがリトル・フィートの「ディキシー・チキン」。

アメリカ南部を思わせる土の香りに、血の通ったサウンド・・・これらの要素に人間味を感じて、肌寒い季節に恋しくなるんだと自分では分析しています。

あたたかくて沁みるんですよね・・・!

リトル・フィートについては詳しくないので他作品との比較はできませんが、まったりと語っていきます。

リトル・フィートの名盤「ディキシー・チキン」について語りたい!

ジャンルでいえば、私はハードロックやプログレを好んで聴くんですよね。

ハイレベルな演奏や複雑な楽曲、壮大な世界観。そういった特徴を持つ音楽が好きなんですよ。

ときに幻想的で、無機質。そんな計り知れない奥深さに魅了されているので・・・。

でも、ぬくもりを感じたいときに聴くのがリトル・フィートの「ディキシー・チキン」。

あふれんばかりの人間味が沁みるんですよね。

プログレなどのファンタジーで無機質な音楽とは真逆だと思うんですよ。

演奏や歌声、どこを切り出してみても「あたたかみ」が感じられる。

このあたたかみを耳で、肌で感じたくて無性に聴きたくなるんです。

土のにおいが漂ってきそうなサウンドにはホッとします。

優しく心に寄り添ってくれる。私にとってはそんな癒やし名盤です。

 

リトル・フィート「ディキシー・チキン」で好きな曲

個人的に、スティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」と似た世界観を感じるんですよね。

洗練されたクリアな音、オシャレ感・・・大人っぽい色気。そしてたまに渋い。

贅沢な音が心地よく体に浸透していく、至上の体験。

じんわり胸があたたまるんですよ。

でも、歌詞の意味がわからないのになぜか感傷的な気分にもなる。そんな不思議な曲。神秘さえ感じます。

しっぽりと聴きたいですね。

私のおしゃれアルバムは、スティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」とドナルド・フェイゲンの「ナイトフライ」、そしてリトル・フィートの「ディキシー・チキン」。

生涯これだけあればいい。なんて思えるくらいには魅了されています。

本音はもちろん、貪欲にロックを求め続けたいです。笑

リトル・フィート「ディキシー・チキン」独特の世界観について思うところ

これはサザン・ロックになるんでしょうか?

サザン・ロックだとしたら、私はあまりよく知らないんですよね。

それを前提で話すんですけど、「ディキシー・チキン」はサザン・ロック特有の南部っぽさを含んでると思うんですよね。

でも、土っぽい香りの中にオシャレさ、スタイリッシュさも感じるんですよ。

そこに、私はスティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」みたいな都会的な世界観を見出してます(伝わるのか・・・?笑)。

支離滅裂ですが、要するにサザン・ロックなんだろうけどサザン・ロックにはあまりなさそうな洗練されたサウンドが「ディキシー・チキン」にはある、ということです!

この系統への理解を深めるためには、リトル・フィートの「ディキシー・チキン」のあとは何を聞けばいいんでしょうね?

・・・こうしてまたロック探求の旅が続くわけですw

たぶん人生10周しても終わらない。