お得に安く音楽を手に入れよう

【ロック史】産業ロックとは?名曲も多い80年代の音楽シーンを活躍したロックバンドたち

産業ロックということばのイメージからすると、売れることを前提として作られた、ニーズに応えるためのロックという感じがしますね。

実はいまいち産業ロックとは何かを明確に説明しているものってなくて、ほとんど憶測というか、解釈によるものなんじゃないかなと個人的には思います。というのも、産業ロックということば自体、日本でしか使われていないカテゴリーなのです。

なので、産業ロックとはどういうものか考えつつ、80年代を彩ったいわゆる産業ロックに分類されるロックバンドを見ていきます!

※前回はニュー・ウェイヴのロック史に焦点を当てましたので、興味のある方はどうぞ↓

80年代はニュー・ウェイヴ

80年代のニュー・ウェイヴブームの中活躍する”産業ロック”と呼ばれたロックバンドたち

画像Amazon

80年代になると、ロックは他ジャンルだったり非ロック音楽と融合していきます。ロックがどんどん多様化されていくんですね。

しかし、そんな進化していくロックが増えていく中で一歩遅れているような、昔ながらのロックをするロックバンドも依然存在していました。

具体的には、ジャーニー、サバイバー、フォリナー、REOスピードワゴン、スティックス、TOTO

これらのロックバンドに対して、音楽ジャーナリストの沢田太陽さんは下記のように言及していました。

彼らが当時30歳前後と既に若さがなく、ファッション・センスにも乏しく、パンク~ニュー・ウェイヴの時代にもなっているのにハード・ロックやプログレに範を取った旧態依然としたサウンドを展開していたこと。

引用「ロックの50年、究極の500枚」(P.129 沢田太陽)

・・・つまり、いつまでそんな音楽やってるの?という音楽を80年代に入ってもしていたってことですね。そして見た目もダサいという。

しかし、ハード・ロックやプログレッシブ・ロックに倣ったとはいっても、レッド・ツェッペリンのような華やかさや高度な演奏技術はないし、キング・クリムゾンやピンク・フロイドのように複雑な曲構成でもない。

でも、キャッチーで大衆受けするから人気はある。

だから、“売れ線”狙いだとか、“産業ロック・商業ロック”というふうに言われるようになったんですね。

ロックの歴史からみても重要な産業ロック

そんな産業ロックや商業ロックだとかいわれているロックバンドですが、80年代のロックシーンを盛り上げた存在であることは間違いありません。

人気を得ていたということは、需要があるということ。ここでは、ロックの歴史における80年代のロックの象徴でもある彼らの音楽を紹介します。



産業ロックとされるロックバンド:ジャーニー

画像Amazon

ファッションがダサい特徴がある産業ロックにおいても抜きんでてダサいファッションで有名なジャーニー。

ジャーニーが愛されるポイントでもあったりします。

ジャーニーは今はボーカリストが変わっていますが、スティーヴ・ペリーの圧倒的歌唱力がすばらしいロックバンド。ボーカリストが変わった今でも人気ですし、曲も人を選ばないキャッチーさがあります。

Open Arms
ジャーニー
1981/07/31 ¥200

▶ジャーニーの名盤をAmazonで見る

産業ロックとされるロックバンド:サバイバー

映画「ロッキー」の挿入歌が有名なサバイバーもいわゆる産業ロックだといわれています。「ロッキー」に使われている曲はあまりにも有名すぎて一発屋扱いされていることもあります。

全然、そんなことありませんよ、ほかの曲も、バラードも秀逸です。

メンバーチェンジもありましたが、今もバンド活動を継続しています。

Eye of the Tiger
サバイバー
1982/05/29 ¥200

 

▶サバイバーの名盤をAmazonで見る



産業ロックとされるロックバンド:フォリナー

画像Amazon

元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドなど名の知れたミュージシャンがたちが終結し結成されたのがフォリナー。

もともとメンバーが名だたるミュージシャンなので、ヒット曲は数知れず。

80年代の産業ロック黄金時代を築いたスーパーグループです。

I Want To Know What Love Is
フォリナー
1984/11/13 ¥250

▶フォリナーの名盤をAmazonで見る

産業ロックとされるロックバンド:REOスピードワゴン

画像Amazon

遅咲きのロックバンド、REOスピードワゴンも産業ロックといわれています。

60年代後半から活動開始しているにもかかわらず、なかなか日の目を見ずに結局ヒットしたのは80年代。

あか抜けない感じは長い下積みを経験してきたからこそですね。

Can’t Fight This Feeling
REO Speedwagon
1984/11/01 ¥200

▶REOスピードワゴンの名盤をAmazonで見る

産業ロックとされるロックバンド:スティックス

画像Amazon

「ドモアリガト ミスターロボット マタアウヒマデ」

日本語の歌詞で歌われた「ミスタ・ロボット」の曲が有名なスティックスも産業ロックに分類されるロックバンド。

初期こそプログレッシブ・ロック志向が強く長い大作傾向がありましたが、時代とともに音楽性が変わり、80年代になるとその曲のポップさが受けて商業的成功をおさめることに。



ミスター・ロボット
スティクス
2011/11/16 ¥-1

▶スティックスの名盤をAmazonで見る

産業ロックとされるロックバンド:TOTO

日本のトイレメーカーと同じ名前のTOTO。

でも読み方は”トト”。トイレメーカーのほうは”トートー”なので発音するときは要注意。

TOTOもまた聞きやすいサウンドから産業的だといわれています。メンバー全員がマルチなミュージシャンなので、ヒット曲も多いです。それもまた産業ロックといわれる理由でしょうね。

Rosanna
TOTO
1982/04/01 ¥200

▶TOTOの名盤をAmazonで見る

産業ロック史まとめ

  • 80年代はさまざまなジャンル、音楽を取り入れたロックが多く出てくる一方、昔ながらのハード・ロックバンドもまた、ヒット曲を連発していた
  • 芸術的でも演奏スキルがものすごいわけではないのに大衆人気を得ていたそれらのロックバンドは、産業・商業ロックとされた

産業ロックとは揶揄的な表現で使われますが、彼らが80年代のロックの歴史の一端を担ったことは間違いないでしょう。

続きはこちら!