7/31まで!音楽を聞くだけでスマートウォッチなど当たるキャンペーン実施中

【ロック史】歴史的熱い戦い、ビートルズVSビーチ・ボーイズ

ロック史の重要なできごとのひとつとして、ビートルズの名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」とビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」の誕生話が挙げられます。

ロック史上最高傑作として名高い名盤に焦点を当て、ロックの歴史を追いました。

Amazon Music Unlimitedならビートルズ聞き放題

Amazon Music Unlimited ならビートルズの名盤が聞き放題です!

 

30日間の無料お試し期間があるのでお気軽に試してみてください。

 

上記ラインナップからわかるようにビートルズの名盤がすべて楽しめます!通勤・通学どこでもビートルズが聞き放題でおすすめ!

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する

ビートルズの「ラバーソウル」超えをめざしたビーチ・ボーイズ

画像Amazon

ブリティッシュ・インヴェイジョンの流れに、アメリカで闘志を燃やすロックバンドがいました。

それは、かつて陽気なサーフ・ロックをしていた、ビーチ・ボーイズ

ビートルズが1965年にリリースした「ラバーソウル」に刺激を受け、このラバーソウル超えのアルバムを作るべく、ボーカル&ベース担当のブライアン・ウィルソンはツアーを他ビーチ・ボーイズのほかのメンバーに任せ、アルバム製作のためスタジオにこもったのです。

理想の音を追求したブライアン・ウィルソン

ブライアン・ウィルソンは対抗心を燃やし、理想の音、今までなかった音を徹底的に追い求めました。

よく使われる管弦楽器だけでなく、アコーディオンやティンパニ、ヴィブラフォン、テルミンなどを使い音楽の可能性を広げました。

さらには、犬の声や電車、自転車の音まで!今までのロックの歴史における先入観にとらわれず、使えそうなものは何でも試してみたんですね。

また、彼は有名ミュージシャンも起用し、多重録音により独特の世界をつくり出しました。音楽プロデューサーのフィル・スペクターを尊敬していたブライアン・ウィルソンは、彼の技術を吸収して応用したり。

ロックバンドではなくオーケストラのような体制にしたりで、とことん理想の音を追求しました。こうしてつくられたブライアン・ウィルソン渾身の1枚「ペット・サウンズ」は、1966年リリースされました。

POINT
ちなみに、ブライアン・ウィルソン以外のメンバーはほとんどコーラスだけの参加で、実質ブライアン・ウィルソンのソロ作品といってもよいでしょう。

「ペット・サウンズ」はアメリカでの評価はいまいちだった

ブライアン・ウィルソンのセンス・努力の結晶「ペット・サウンズ」でしたが、アメリカではあまり反響を得られませんでした(といっても全米10位に前後にチャートインしてる)。

当時はシングルがメインで、ひとつのテーマに沿って作られたコンセプトアルバムが珍しかったのです。

祖国アメリカでの評価はそれほどでしたが、イギリスは「ペット・サウンズ」を大絶賛し、全英チャートでは26週連続トップ10入りを記録する大ヒットとなりました。



歴史的名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

長い長いアルバム名。1967年リリースされたビートルズの8枚目の歴史的名盤です。

ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」を聞いたビートルズは衝撃を受けたのです。ポール・マッカートニーはとくに、“これはやれれた!”と思ったそう。

そして「ペット・サウンズ」に触発されてビートルズが完成させたのがサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。

「サージェント~」が歴史的超名盤である理由①”世界初”コンセプト・アルバム

よくいわれるのが、このアルバムが世界初のコンセプト・アルバムであるということ。

厳密には、“一般的に有名になった”世界初のコンセプト・アルバムですかね。

コンセプト・アルバム自体は、さっきの「ペット・サウンズ」もそうですし、その前にも存在していました。

コンセプト

サージェント・ペッパー(ビートルズが作った架空の人物)が作った楽団「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のショー。

ただ、コンセプト・アルバムといっても全曲にわたり徹底されたわけではありません。

この楽団をテーマとした曲を最初と終わりに置いているだけなんです。ほかは関係ない寄せ集めの曲です。ジョン・レノンもそう公言していました。

「サージェント~」が歴史的超名盤である理由②アート・ワーク

画像Amazon

ここに描かれている人物はビートルズのほか、数々の著名人。

俳優、女優から芸術家、コメディアン、学者、医者・・・などさまざまな分野で活躍していた人たちです。

アインシュタインやボブ・ディラン、マリリン・モンローなど。

ロックがアートという側面を持つということを示した作品でもあります。

曲、アルバム作りに専念したビートルズ

このころはそれまでとは違い、ライブ活動よりも曲作りに時間をかけていたそうです。

スタジオで作業する中でいろんなアイデアを出し、さまざまな試みを行って曲を生み出していました。楽曲の広がりを見せたのはこういう姿勢でしょう。

最高のアルバムとして今もなお数々のミュージシャンに影響を与え続ける、最強最高の歴史的アルバムです。

ビートルズとビーチ・ボーイズ

こうしてみると、ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」はビートルズの「ラバーソウル」がなかったら生まれなかったし、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」は、ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」がなければ誕生しなかったんですね。

お互いに感銘を受け、刺激されたからこそ創り出された名盤なんです。

名盤が名盤たるゆえ、だと思います。

ロック史のまとめ~ビートルズとビーチ・ボーイズの相互作用~

  • ブリティッシュ・インヴェイジョンの流れに危機感を抱いたビーチ・ボーイズは、ビートルズの「ラバーソウル」超えのアルバムを目指す
  • 名盤「ペット・サウンズ」をビーチ・ボーイズがリリース。
  • 「ペット・サウンズ」に刺激されてビートルズは「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」をリリース。

このビートルズとビーチ・ボーイズとのできごとはロック史において重要なできごとでした。お互いが刺激し合って生まれたロック史の熱いエピソードですね。

<参考>クロスビート編集部 最強版 ロックの50年、究極の500枚 (2012/6/30)

Amazon Music Unlimitedならビートルズ聞き放題

Amazon Music Unlimited ならビートルズの名盤が聞き放題です!

 

30日間の無料お試し期間があるのでお気軽に試してみてください。

 

上記ラインナップからわかるようにビートルズの名盤がすべて楽しめます!通勤・通学どこでもビートルズが聞き放題でおすすめ!

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する