父の日にサプライズを。Amazonでギフトをチェック

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ第18話「ヴェネツィアへ向かえ!」感想

ジョルノ対メローネ戦に決着がつきました。

ジョルノのスマートでスタイリッシュな戦い方はあいかわらずディモールトですね。

メローネ・・・こんなにあっけなかったでしたっけ笑

ということで、ジョジョの奇妙な冒険第5部18話の感想です。

メローネ撃破


ジョルノ、メローネ戦は結構苦戦していたように記憶していたのですが、意外とあっさりやっつけてしまいましたね。

ベイビィ・フェイスもメローネにかなり反抗していたと思うのですが・・・。

その前のプロシュート&ペッシ戦が長くて熱かった分、自分自身で戦わないメローネがあっさりに見えたのでしょうか。

しかも最後はヘビにやられるという微妙な最後という。

暗殺者チームは、ホルマジオからはじまりイルーゾォ、プロシュート&ペッシともかっこよく散っていった(ペッシは微妙かな?)ので、メローネの最後が残念すぎますね笑

変態キャラにはふさわしいのかもしれませんが・・・。

ギアッチョ登場


ギアッチョきましたね。

根掘り葉掘り・・・やヴェネツィアのくだりがアニメで聞けて満足しました。

キレキャラだけど、氷のスタンドでしかも着ることができるという斬新さがかっこいいです。

メローネに引き続きジョルノの活躍とミスタの死闘が見られますね!

関係ありませんがギアッチョのスタンドの元ネタであるビートルズの「ホワイト・アルバム」という作品が好きなので、よりギアッチョは好きなんですよね。



ディアボロもちらっと登場

パッショーネのボスであるディアボロの姿、といっても全身隠れていましたがちょっと出ました。

声優さんは小西克幸だそうですね。

ゲームの影響でディアボロは森川智之さんの声をイメージしていたのですが、4部の吉良吉影が森川さんでしたからね、声優さん気になってたのですがここで判明しました。

たまに挟まれるアニメオリジナルシーンが良い

リゾットは漫画だと完全に最後の最後のバトルシーンで登場するのですが、アニメだと暗殺者チームのメンバーとたまにやり取りの描写があって良いですね。

リゾットってヒットマンになった理由からしてそこそこ善人だと思っていましたが、今回の描写でなかなかエグイことするなとちょっと思いました。

それだけボスを倒したい思いが強いのでしょう。

だんだん減っていく暗殺者チームを思うと悲しくなりますね。

ジョジョの奇妙な冒険第5部18話を視聴する方法

ユーネクストでジョジョの奇妙な冒険第5部のアニメが視聴できます。

31日間トライアルがあるので、お気軽に試してみましょう。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

まとめ

以上、ジョジョの奇妙な冒険第5部18話の感想でした

ギアッチョ戦は寒そうだけどバトルはとても熱いから好きな戦いです。

バトル後のジョルノとミスタのやり取りも数少ない笑えるので好きですね。