お得に安く音楽を手に入れよう

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ第4話「ギャング入門」感想

ジョジョの奇妙な冒険第5部も4話目。

いよいよギャング入門です。ここからが「いい」んですよね。

そして承太郎と康一くんの出番はこれで終わりですね・・・w

ギャング入門!

画像Amazon

いよいよブラック・サバス撃破してギャング入門です。漫画で見るよりあっけなかった印象です。

画像Amazon

ブラック・サバスほど見た目からして”悪”とわかるようなスタンドもあまりないですよね。

似たりよったりなスタンドも多い中、ポルポという本体、スタンド能力、スタンド名すべてが一致するようなスタンドは珍しいなと。いや、ポルポの本体からしたら、ちょっとスタイリッシュすぎるかもしれませんw

遠隔自動操縦型は本体にダメージがいかないから良いですね~

説明があったけどなにげにブラック・サバスだけ・・・?

承太郎、康一くん退場

画像Amazon

パッショーネ入団・・・ということで承太郎と康一くんはここで出番終了。

ディオの名前も出して結構含みをもたせていたわりに、ここらへんはあっさりした印象です。

でも個人的にはシリーズでディオが絡まない部がわりと好きだったりするのですが・・・!

※後半ディオ絡みの話題はありますけどね

ついでにエコーズの元ネタ紹介

画像Amazon

康一くんのスタンド、エコーズの元ネタをせっかくなので紹介。

エコーズは、ロックバンド、ピンク・フロイドの楽曲「エコーズ」。そのままです。

さらについでに言っておくと、4部の主人公である仗助の「クレイジー・ダイアモンド」もピンク・フロイドの曲です。



おわりに

いよいよミスタ、ナランチャ、アバッキオ、フーゴが出てきて5部らしくなりますね!

なかなか自分たちのスタンドを見せない仲間が能力を解禁するのが熱いです。ほんと、5部メンバーは第一印象最悪だから後半になるにつれ好感度の伸び率が半端じゃないです。