お得に安く音楽を手に入れよう

覚悟がかっこいい!ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメの見どころ

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ


いよいよ、ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメが開始されます。

アニメ化がうわさされてからどれだけ待ったでしょう・・・。

私はジョジョの奇妙な冒険の中で第5部が好きなので、この記事では5部の見どころを紹介しようと思います。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の見どころ:覚悟


もはや5部はこれに尽きるといってもよいのではないでしょうか。

覚悟。

味方勢はもちろん、敵チームの覚悟もかっこいいのが第5部。

ジョルノ・ジョヴァーナの覚悟

動揺するシーンもあるといえばありますが、一貫してクールで冷静(冷淡ともいえる)な主人公、ジョルノ。

5部では登場人物がやたらと覚悟覚悟と言っている印象がありますが、やっぱり覚悟のイメージが強いのはジョルノですね。

自分を犠牲にするようなことを躊躇いなくやってのけるあたり、その覚悟の強さがうかがえます。

ブチャラティの覚悟

しかしジョルノと同じかそれ以上の覚悟を持つのがブチャラティ。

「覚悟はいいか?俺はできてる」

のセリフのかっこよさは第5部No.1だと思いますね。

もはや途中からブチャラティが主人公かと思うくらいの活躍っぷりはシビれます。ジョルノとは対照的で人間らしい、だけど覚悟は作中誰よりも上でした。

部下思いで超有能なリーダーでかっこいいですが、私なら間違いなくフーゴになってます。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の見どころ:敵キャラもかっこいい

敵といっても暗殺チームとボスの親衛隊が出てくるわけですが、ここでいう敵は暗殺チームのほう。

ジョルノたちから見れば敵ですが、暗殺チームにだって闘う理由がある!敵ではあるけど吐き気を催す邪悪ではないのです。

リゾット、プロシュート、ペッシ、ギアッチョ、メローネ、イルーゾォ、ホルマジオ。

命がけで闘う彼らの覚悟もかっこいいです。

初回読んだときこそジョルノたちを応援しましたが、読み返すと暗殺チームを応援してしまう魅力があります。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の見どころ:殺伐さ

第3部、4部がギャグ多めだったことがあり、そのテンションで読むとあまりの雰囲気の変わりようにびっくりです。

ゆるい日常なんてものはなく、ずっと殺気立ってます。

敵も本気で殺しにかかってくるし、プロシュートがミスタの頭に銃弾ぶち込んだときなんか呆然としたものです。スタンドバトルなのに銃で手を下すというのが衝撃でゾクっとしました。

後半になるとジョルノが耳を収納する特技を見せてるシーンが懐かしくなりますね。

大丈夫じゃないでしょってくらいの傷を負うし血はめちゃくちゃ出るし・・・ホッチキスで傷ふさぐしそれを気に入ったとか言うしイカれた発言も多いし・・・。

おわりに

ジョジョの奇妙な冒険第5部アニメ、楽しみです。

個人的にストーリーとしては4部が好きですが、キャラクターのかっこよさでいえば圧倒的第5部なので、みんなの登場シーンが楽しみですね。

ちなみに私が5部で好きなキャラクターはリゾットとプロシュート。

どちらも敵ですしリゾットに関しては登場がだいぶ後ですが、今から楽しみです。声優さんは誰になるのかも気になりますね。