7/31まで!音楽を聞くだけでスマートウォッチなど当たるキャンペーン実施中

キング・クリムゾンの「レッド」が好きすぎるので1曲ずつ紹介して良さを伝えたい

いきなりですが私はキング・クリムゾンのアルバム「レッド」が大好きなんです。

キング・クリムゾンで一番好きなのはもちろん、プログレッシブ・ロックの中で、いや、ロックという広い括りの中でも好きなアルバムベスト5には入ると思います。

このブログでもたびたびキング・クリムゾンの「レッド」はおすすめとして挙げているんです。

でも、いまいち「レッド」の良さを伝えきれていない気がしましたので、こうして1曲ずつピックアップしていこうと思うに至ったわけです。

では、1曲ずつ紹介していきますね。

キング・クリムゾンの「レッド」を1曲ずつ紹介

キング・クリムゾンの「レッド」は全部で5曲です。

1.「レッド」

Red
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥250

「レッド」で一番好きなのがこれです。

この曲を筆頭に血生臭さがすごいです。でもそこがいい。

私は世界で一番かっこいい曲だと思っています。荒廃した世界観がたまらないです。

わりと同じ調子で曲が進んでいくんですけど、それでも飽きるどころか何周も聞きたくなります。

2.「堕落天使」

Fallen Angel
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥250

「レッド」の後のこれですよ。

すごく癒されます。

静寂の世界、幻想的な景色。プログレッシブ・ロックの特色である芸術性がぎゅっと詰まっていると思います。

そしてなんといってもこの曲はジョン・ウェットンの歌声がすばらしいですね。

ウェットンの声には透明感と深みがあって、幻想的な世界観にすごくマッチしているんです。

3.「再び赤い悪夢 」

One More Red Nightmare
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥250

癒しの時間が終わったと思ったら・・・。

再び赤い悪夢がやってきます。

ああ、テンション上がりますね~~!

癒しのプログレッシブ・ロックはもちろん好きです。

でもこの曲のような血生臭いロックがたまりません!なんなんでしょうね、このとげとげしい音は・・・。突き刺さります。かっこよすぎます。

4.「神の導き

Providence
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥250

これまたなんともいえない世界が広がるんですよね。

不安を煽るような音にゾクゾクします。

もうアートと言っていいんじゃないでしょうか。

不思議と何度聞いても耳に慣れない音で。世界観が不安定なんですよね。

この荒れ果てた感じがたまらないです。緊張感があっていいんです!

5.「スターレス」

Starless
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥-1

最初のウェットンのボーカルはあいかわらず甘くて素敵。しっとりと艶っぽく色気があります。

メロディラインも妖しくて良いんです。

でも途中から曲調が一変。

キング・クリムゾンはだいたいこんな感じのが多いですが、途中から空気がガラッと変わります。

緊張感を高めて高めて。そして一気に追い込みをかけて爆発。

本当これは聞くたびに鳥肌が立ちます。

フリップ先生、ウェットン、ビルのパフォーマンスがすさまじいです。

キング・クリムゾンの「レッド」を聞こう

狂おしいほど好きなキング・クリムゾンのアルバム「レッド」。

キング・クリムゾンの一番有名なアルバムはおそらく「クリムゾン・キングの宮殿」でしょう。

たしかに「クリムゾン・キングの宮殿」はすばらしいです。私も大好きです。

でも、それ以上に深く感動したのが「レッド」。

恐ろしいほどに完成度が高く、いつ聞いても圧倒されます。

この記事を見たということは多少なりとも「レッド」に興味を持たれたんだと思います。期待を大きく超えるアルバムであることは間違いありません。ぜひ聞いてみてください!