お得に安く音楽を手に入れよう

【70S洋楽ロックラブソング】1970年代恋愛の名曲、有名曲をランキングで紹介

恋愛をしているときは普段聞かない人もラブソングを聞きたくなりませんか?

今回は恋愛中に聞きたい1970年代のラブソングのおすすめ、名曲を集めました!

まっすぐな王道ラブソングからツンデレ、欲望むき出しソングまで紹介します。

1960年代編はこちら!

1980年代編はこちら!

1990年代編はこちら!

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第10位:燃える欲望 / ザ・カーズ

Just What I Needed
ザ・カーズ
1978/06/06 ¥250

アメリカのロックバンド、ザ・カーズのラブソング。

ザ・カーズの華麗なるデビューのきっかけとなった原点であり名曲でもある曲。

ポップなサウンドがカーズらしいです。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

ロックバンド、ザ・カーズ(The Cars)のアルバム「ハートビート・シティ」は超名盤!おすすめの名曲も紹介

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第9位:I Was Made For Lovin’ You / キッス

I Was Made for Lovin’ You
Kiss
1979/05/20 ¥250

アメリカのロックバンド、キッスの歌う超有名ラブソング。

「おれはお前を愛するために生まれてきた」なんてストレートな熱いラブソングを怖い顔したハードロックバンドが歌っているギャップが良いですね。

ベーシストのジーン・シモンズは女性好きで有名です。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第8位:パリの散歩道 / ゲイリー・ムーア

パリの散歩道 (feat. Phil Lynott)
ゲイリー・ムーア
1978/09/30 ¥250

君と過ごしたパリでの想い出の日々・・・ゲイリー・ムーアの奏でるギターが哀愁漂うラブソング。鳴き(泣き)まくりで切なさを感じます。

ラブソングといっても歌詞はほぼありません

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第7位:いとしのレイラ / デレク・アンド・ザ・ドミノス

いとしのレイラ (40th Anniversary Version)
デレク・アンド・ドミノス
2018/06/08 ¥250

印章的なギターリフは誰もが耳にしたことがあるはず!

これぞロックのラブソングなデレク・アンド・ザ・ドミノスの曲。

親友であるジョージ・ハリスン(ビートルズ)の妻と禁断の恋に落ちたエリック・クラプトンの当時の心情が表現された曲です。結局、後にジョージ・ハリスンの妻と結婚するエリック・クラプトンですが、別居のすえ離婚という結末をたどりました。

ちなみにジョージ・ハリスンはエリック・クラプトンと元妻との結婚を祝福したそうです。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る




1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第6位:今夜きめよう / ロッド・スチュワート

Tonight’s the Night (Gonna Be Alright)
ロッド・スチュワート
1976/05/01 ¥250

直球な邦題が印象的なロッド・スチュワートの曲。

内容もタイトルどおり、“今夜こそお前と関係を持つ日だ!おれを迎え入れてくれ(表現自重)”という、ロッド・スチュワートだから辛うじてラブソングの体裁を保てている曲ですね。

歌う人が違えばラブソングではなくセクハラソングになりかねません。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第5位:ウェイト・フォー・ミー / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

Wait for Me
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
1979/01/01 ¥200

アメリカのポップ、ロックデュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツによるラブソング。

終わりかけている二人の関係に、僕を待っててと歌う恋愛の歌です。

サビのキャッチーさと彼らのポップさでホール&オーツの人気曲です。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第4位:アイム・ノット・イン・ラヴ / 10cc

I’m Not In Love
10cc
1975/03/11 ¥250

イギリス出身のロックバンド、10ccツンデレソングです。

「君に恋なんてしてないんだから・・・!勘違いしないでよね!君の写真を飾っているのも壁の汚れを隠すためなんだから!」

なんというツンデレなんでしょう。聞いているこっちがこそばゆい感覚になりますね。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第3位:愛はかげろうのように / シャーリーン

愛はかげろうのように
シャーリーン
1977/07/28 ¥250

シャーリーンがオリジナルと思っていましたが、もともとはランディ・クロフォードという黒人歌手が歌っていた曲だそうです。

美しいメロディラインがシャーリーンの優しいしっとりとした歌声に合っていますね!

シャーリーンだけでなくいろんなミュージシャンによってカバーされている名曲。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第2位:素顔のままで / ビリー・ジョエル

Just the Way You Are
ビリー・ジョエル
1977/09/29 ¥200

アメリカのミュージシャン、ビリー・ジョエルが当時の妻に捧げたラブソング。ビリー・ジョエルを代表する名曲です。

飾らないありのままのあなたが好きでずっと愛していると誓う、究極の恋愛バラードですね。結局この曲をおくった妻・エリザベスとは離婚してしまいますが・・・

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

ロックからポップスまで!ビリー・ジョエル(Billy Joel)のおすすめアルバム、名曲を紹介

1970年代洋楽ロックラブソング名曲ランキング第1位:僕の歌は君の歌 / エルトン・ジョン

Your Song
エルトン・ジョン
1970/04/10 ¥250

エルトン・ジョンを代表するもっとも有名なラブソング。

ピアノの美しい旋律とおごそかな全体的な雰囲気はまさに恋愛をしている人の心にまっすぐに響くのではないでしょうか。

エルトン・ジョンはハイテンションな曲もありますが、個人的にはこういうスローテンポでメロディをゆっくり味わえる曲が好きです。

▶収録されたアルバムをAmazonで見る

【イギリスのピアノマンの名盤は?】エルトン・ジョンのおすすめアルバム

 

洋楽ミュージシャン特集や最新ライブ映像を見るなら▼



恋愛中のあなたに1970年代の洋楽ラブソングを

恋愛中に聞きたいおすすめラブソングを紹介しました。

個人的には、”いとしのレイラ”がエリック・クラプトンの当時の感情が反映されたリアルなものだと思うので、聞いてほしいところ。

あとロッド・スチュワート。ロッド・スチュワートは当時女性関係がかなり派手だったようなので、ありのままの素直な女性への欲望を表現した曲は清々しさすら感じます。

ぜひ聞いてみてください!

1960年代編はこちら!
1980年代編はこちら!
1990年代編はこちら!

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

Amazonからの購入の際はギフト券から購入するとよりお得。ギフト券チャージはこちら↓