ブリティッシュ・ロック福袋2020ネタバレ

【クイーン2020ライブ感想】QUEEN最高、気分はメイド・イン・ヘブン!アダム・ランバートは想像以上にすごかった!

クイーンのライブ2020、参戦してきました〜!

もう最高、すばらしいの一言につきます。タイトルに書いているように気分はメイド・イン・ヘブン

まるで夢のような輝ける時間でした・・・。

この日のために生きてきたようなものですからね!

おおげさでなく私にとってロックは希望ですw

すばらしいひとときをクイーンの名曲「’39(サーティナイン)」にかけてサンキューと言いたい

ロック・レジェンドのパフォーマンスをこの目で見ることができたことに感謝です。

とくに私は幼少のころからクイーンを聞いていて、もはや生活に溶け込んでいる音楽ですらある。

だからこそ、今回ライブに行けたことは本当に大きな宝物です。

2014年のサマソニに行かないという選択をした憎っくき私にさよなら。

そしてこんにちはクイーンに会えた私w

関連記事>>【クイーン2020ライブ】ロジャーの「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」を聞いたというのがいつか大きな財産となる

関連記事>>【クイーン2020ライブ】ブライアン・メイの「おおきに」を忘れない

クイーン2020ライブの感想

ということで前置きが長くなりましたが華麗なるクイーンのライブの感想をつづります。

「アンダー・プレッシャー」でシアー・ハート・アタックしそうになった

私が参加したのは大阪公演。

なので、さきに東京公演でのセットリストを調べることができたわけです。

でも私はそれをしなかった。

「どの曲がくるのか」「次の曲はなんだろう」とワクワク感も楽しみたかったからです。

でも、なんとなくこちらの記事でも書いた「グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン」あたりの楽曲プラス定番曲がくるんだろうなと思っていたんです。

ところが実際のライブはその想像以上のボリューム。

「あっ、この曲も歌ってくれるの!?」そんなサプライズが満載でした。

そして私がもっともハイなテンションになったのが「アンダー・プレッシャー」。

あのリフが流れたとき思わず飛び跳ねましたよね。

シアー・ハート・アタックしそうなほど興奮しました。

もうね、、、見えましたよ私には。

ブライアン・メイとロジャー・テイラー、アダム・ランバートの側にフレディー・マーキュリーとデヴィッド・ボウイの姿をね。

見えたは言い過ぎですが、ふたりの存在を感じました。

そしてベースの音を聞くとジョン・ディーコンの弾いている姿が浮かんできました。

この3人はその場にはいないけど、クイーンという心の絆でつながっているんだなと思い、胸にグッときましたね。

ロジャーとブライアンも歌う〜〜!

「’39」は歌うだろうなとは思っていたので、ブライアンのボーカルはおそらく聞けると感じていました。

しかし予想外だったのはロジャー!

ロジャーの「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」が聞けるなんてうれしいサプライズ!!!

実は私、「グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン」の投票で、どうしてもロジャーのボーカル曲も入ってほしくて「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」に入れていたんですよね。

でも、投票の結果「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」は入らなかったので、今回のライブでは聞けないかなと思ってたんです。

なのでめちゃくちゃうれしかった。

ハスキーで男らしくて渋いロジャーのボーカル、大好きなんですよね〜。

今もかっこいい声は健在。これを生で聞けたなんて。明日から自慢しまくります。

アダム・ランバートのパフォーマンスがすごく良かった

伏兵というべきか、ダークホースというべきか。

ライブ前は、ぶっちゃけブライアン・メイとロジャー・テイラーのふたりが楽しみでした。

でも、ライブ開始してからほどなくしてアダム・ランバートに骨抜きにされている私がいました。

いやいやいやアダム・ランバートかっこよすぎでしょう!

実はアダム・ランバートは10年近く前、クイーンと関わる前から知っていました。

数曲程度知っているレベルで、好きとかファンとかではなかったんです。

クイーンのボーカリストとしてパフォーマンスをすることを知ったときも、「あ、アダム・ランバートがするんだ」くらいのフラットな感情でした。

アダム・ランバートは知っているというだけで、さほど興味はなかったんです。

ところが今回のライブでパフォーマンスを目の当たりにするとですね。

もう完全に虜ですよ。

フレディーとはもちろん違う。でも、アダム・ランバートというボーカリストとしてすごく魅力的。

すっごくかっこよかったです。

クイーンの楽曲がすばらしいこともありますが、アダム・ランバート自身すばらしいボーカリストですごくかっこよかった。

そのほか感想かんたんに

・どの曲のときか忘れたけど、ステージが「戦慄の王女」っぽい演出になったのは深読みしすぎ?笑

めっちゃ「戦慄の王女」じゃん!って思ったんですけど・・・。

・「バイシクル・レース」のときバイクに乗るアダム・ランバートかっこよかった。

・フレディの代名詞的な声のかけあいができて感動。

・ブライアン・メイの「おおきに」今も頭のなかでグルグルしている笑

・ロジャーの「ハロー」かわいかった

クイーン2020ライブの感想まとめ

とにかく最高でした。

ずっと昔から聞いてきたクイーンに、ようやく会えたんですからね・・・。

例えるならば初恋が20年越しに成就したような気持ちでしょうか。

ブライアン・メイがつたない日本語、関西弁を話す姿や、ロジャー・テイラーの変わらない渋いボーカル、アダム・ランバートの華やかなパフォーマンスは一生忘れられないと思いますね。

レジェンドを生で見ることができた最高でした。

関連記事>>【クイーン2020ライブ】ロジャーの「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」を聞いたというのがいつか大きな財産となる

関連記事>>【クイーン2020ライブ】ブライアン・メイの「おおきに」を忘れない