7/31まで!音楽を聞くだけでスマートウォッチなど当たるキャンペーン実施中

プログレッシブ・ロックの帝王、キング・クリムゾン (King Crimson)の名盤は?おすすめのアルバムと名曲紹介

キング・クリムゾンはイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

プログレッシブ・ロックというジャンルを確立したバンドともいえるプログレッシブ・ロック界の帝王でもあります。

今回はキング・クリムゾンを聞いてみたい方、どのアルバムを聞こうか迷っている方へおすすめアルバム、名盤をランキング形式で紹介します!

Amazon Music Unlimitedを体験しよう

Amazon Music Unlimited なら6500万曲以上が聞き放題!

 

30日間の無料お試し期間があるのでお気軽に試してみてください。

 

スマホやパソコンでいつでも音楽が楽しめて便利ですよ!

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する

キング・クリムゾン(king crimson)の名盤ランキング第5位: 暗黒の世界

暗黒の世界」は異世界のような独創的な世界観をもつアルバムです。

ギター、ドラム、ベース、ヴァイオリン。どれに注目してもすばらしい、聞きごたえがあるアルバムでもあり、とにかくメンバーの演奏技術が高く終始圧倒されます。

ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブルーフォードのアグレッシブで高度な演奏、その中でデヴィッド・クロスの弾くヴァイオリンがまた美しく芸術的なロックを感じることができます。

個人的には最初ではなく2番目以降に聞くのがおすすめのアルバムです。

キング・クリムゾンのおすすめアルバム「暗黒の世界」名曲

The Night Watch
キング・クリムゾン
1974/03/29 ¥250

The Great Deceiver
キング・クリムゾン
1974/03/29 ¥250

「The Night Watch」はクリアで洗練された音がきれいです。ジョン・ウェットンのボーカルが艶っぽくすばらしい。

「The Great Deceiver」は終始圧倒されます。かっこいいです。

キング・クリムゾン(king crimson)の名盤ランキング第4位:ポセイドンのめざめ

初期キング・クリムゾンの代表アルバムであるセカンドアルバム「ポセイドンのめざめ」。

静かなやわらかな曲から尖った曲まで、キング・クリムゾンのあらゆる側面が見られます。優しげな美しい曲と不安を煽るような緊迫感のある曲とのコントラストが最高の名盤。

グレッグ・レイクのボーカルも味わい深いです。

異世界の感覚を体験したい方は、キング・クリムゾンの「ポセイドンのめざめ」がおすすめの名盤です。

キング・クリムゾンのおすすめアルバム「ポセイドンのめざめ」名曲

In the Wake of Poseidon
キング・クリムゾン
1970/05/15 ¥250

Pictures of a City
キング・クリムゾン
1970/05/15 ¥250

「In The Wake Of Poseidon」は美しく幻想的な曲です。

「Pictures Of A City」は途中怒涛の演奏で激しく、かと思えば急に静かになる、でも緊張感はそのまま続く、というめまぐるしい展開で聞き入ってしまう曲です。




キング・クリムゾン(king crimson)の名盤ランキング第3位:太陽と戦慄

個人的には一番好きなアルバムです。キング・クリムゾンの大正義の名盤「太陽と戦慄」。

このアルバムからビル・ブルーフォードとジョン・ウェットンが参加しています。高度な演奏、複雑な曲構成が魅力的な1枚。

曲の驚く展開や激しい演奏には実験精神がものすごく感じられますが、聞けば聞くほど濃密で緻密なアルバム。個性的ということばで言い表せないほどの独創性があり、圧倒される音の波に飲み込まれてしまうほどの音楽はキング・クリムゾンでしか体験できないと思います。

キング・クリムゾンのおすすめアルバム「太陽と戦慄」名曲

Larks’ Tongues In Aspic, Pt. 1
キング・クリムゾン
1973/03/23 ¥250

Easy Money
キング・クリムゾン
1973/03/23 ¥250

「Larks’ Tongues in Aspic, Part One(太陽と戦慄パートⅠ)」は終始緊迫感がありとんでもないものがやってきたという感覚。戦慄します。

「Easy Money」はキング・クリムゾンにしてはわりと聞きやすくて親しみやすい曲です。

キング・クリムゾン(king crimson)の名盤ランキング第2位:クリムゾン・キングの宮殿

クリムゾン・キングの宮殿」はキング・クリムゾンの代名詞ともいえるほどの代表作であり歴史的超名盤です。デビューアルバムとは思えないほどの完成度です。

プログレッシブ・ロックというジャンルの定義・イメージを決定づけた歴史的なアルバムです。

デビューアルバムにはミュージシャン、バンドの若さや粗さを感じるものですが、キング・クリムゾンにはそれがありません。最初からクオリティの高い作品を生み出すキング・クリムゾンはさすが帝王です。

キング・クリムゾンのおすすめアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」名曲

21st Century Schizoid Man
キング・クリムゾン
1969/10/10 ¥250

The Court of the Crimson King
キング・クリムゾン
1969/10/10 ¥-1

「21st Century Schizoid Man(21世紀のスキッツォイド・マン)」はリフが印象的でこの曲でノックアウトされる人も多いでしょう。

「The Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)」はドラマティックでクライマックス感が漂う、まるで映画を観ているかのような曲。

キング・クリムゾン(king crimson)の名盤ランキング第1位:レッド

もっともおすすめのアルバムが「レッド」。

キング・クリムゾンの表現力、演奏スキルのえげつなさに終始圧倒される名盤。一言で表すと、“隙(すき)ない”ですね。隙がなさすぎるアルバムなのです。

終始切迫感ある雰囲気が続き、息を吞むような、息苦しいような作品で、キング・クリムゾンの世界観に引き込まれてしまいます。1曲目から心をガッとつかまれてそのままのめり込んでしまうキング・クリムゾンの大名盤です。

こちらの記事で「レッド」を全曲紹介しています!

キング・クリムゾンの「レッド」が好きすぎるので1曲ずつ紹介して良さを伝えたい

キング・クリムゾンのおすすめアルバム「Red」名曲

Red
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥250

Starless
キング・クリムゾン
1974/09/27 ¥-1

「Red」、「Starless」はキング・クリムゾン全体から見ても楽曲のクオリティが群を抜いていると思います。

キング・クリムゾンはもうかっこいいとかの言葉では表現しきれないです。ロックとかの枠を超えてると思いますね。枠にとらわれないキング・クリムゾンの音楽は時を経ても新鮮でかっこいいです。




 

キング・クリムゾンのアルバムは名盤ばかり~

以上、キング・クリムゾンのおすすめアルバムランキングでした。

  1. レッド
  2. クリムゾン・キングの宮殿
  3. 太陽と戦慄
  4. ポセイドンのめざめ
  5. 暗黒の世界

1位に挙げた「レッド」は本当にめちゃくちゃかっこいいです。緊迫感ある演奏は鳥肌ものですよ。メンバーの演奏技術がハイレベルで聞きごたえあります。