お得に安く音楽を手に入れよう

【21世紀ロックの神】ミューズ(MUSE)の最高傑作は?おすすめアルバム(名盤)、名曲を紹介

ミューズ(MUSE)は、ボーカル&ギターのマット、ベース&コーラスのクリス、ドラムのドムの幼なじみ3人によって構成されている3ピースバンド。

ライブでのパフォーマンスも評価が高いミューズはこれからの活躍もますます楽しみなロックバンド。

今回はミューズ(MUSE)のおすすめのアルバム(名盤)をランキング形式で紹介します。ミューズ(MUSE)に興味があるけどどれから聞いたらわからないという人はぜひ参考にしてください。

ロックバンド、ミューズ(MUSE)の名曲ランキング!必ず好きになる人気曲、有名曲、キラーチューン目白押し
Amazonでお得にCDを購入する方法

Amazonでお買い物する際はチャージしてギフト券を使うのがおすすめです。

 

チャージするたびに最大2.5ポイント貯まるのでお得。

 

初めてチャージする方は5000円チャージで1000ポイントゲットしましょう!

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム第5位:ショウビズ

ミューズの中では、ほかのアルバムと比べるとこじんまりとしていてそれほど話題にならないデビューアルバム「Showbiz」。

「ショウビズ」は作品としてはコンパクトにまとまっていて、ミューズにイメージされる”大げさ世界観”はないです。しかし、その片鱗が曲の中にところどころ見え隠れします。

ミューズといえば、おおげさで過剰ともいえるサウンドがイメージされますが、「ショウビズ」はおとなしめでハードロックやグランジ、ニュー・ウェイヴなどいろんな要素が曲に詰め込まれているのも特徴。

デビューアルバムとしては優秀で名盤ではありますが、この後の驚異的な成長、人気っぷりは誰も予想することはできなかったでしょう。

▶ShowbizをAmazonで見る



ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム、「ショウビズ(Showbiz)」からおすすめの名曲

Fillip
ミューズ
1999/09/07 ¥250

Unintended
ミューズ
1999/09/07 ¥250

「Sunburn」は今のミューズのもつ壮大な世界観、感情の抑揚の激しさの片鱗が見える曲です。

「Fillip」はメロディラインがミューズの中でもかなりポップで聞きやすい隠れ名曲。

「Unintended」は静かなメロディ、サウンドとも美しい安心感を与える曲で、シリアスな曲群の中で癒し的存在です。

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム第4位:レジスタンス

ミューズがそれ以前のアルバムで成功を収めたからこそ許されるアルバム。

というのもこの「The Resistance」、ミューズの完全セルフプロデュースということで、誰にも関与されずに自分たちの所有するスタジオで録音、作業をしていたのです。ミューズ自身がとにかくのびのび自由にやりたい音楽を生み出したということがあり、フロントマンのマットが影響されたラフマニノフやショパンといったクラシック音楽の色がよく出ています。

そんなクラシック音楽の特徴が表れている「レジスタンス」は交響曲風の楽曲が含まれていることもあり、プログレッシブ・ロック的なアルバムになっています。

ミューズのほかのアルバムと比べて芸術色が強めで、純粋なロックを求める人や初見は少しとっつきにくいかもしれませんが、ミューズの音楽性が素直に表現された名盤です。

▶The ResistanceをAmazonで見る



ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム、「レジスタンス」からおすすめの名曲

Uprising
ミューズ
2009/08/04 ¥250

Resistance
ミューズ
2009/09/11 ¥250

「Uprising」と「Resistance」は必聴です。

全体的にクラシック風の「レジスタンス」において、ポップさがあるロックナンバーはアクセントとなっています。アグレッシブなロックが好きな人は気に入るはず。

そして、「Exogenesis: Symphony, Pt. 1」からはじまる交響曲風の作品も「レジスタンス」の中核をなしています。流れるような音とファルセットで歌うマシュー、これぞミューズという感じの展開です。

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム第3位:ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ

前2作で成功をおさめたミューズのダメ押し的名盤「Black Holes & Revelations」。

成功したアルバムは時としてミュージシャン自身を苦しめます。前作の二番煎じ的アルバムになったり、もしくは前作とまったく違う方向性の曲を作り、ファンをがっかりさせたり。

しかしミューズはそうではありませんでした。

ミューズの前作とまったく同じ系統ではないものの、さらにスケールアップさせてミューズの音楽というひとつの世界観、ジャンルを確立させたといっても過言ではないミューズの傑作。

ただのオルタナティブ・ロックバンドではないと世界に知らしめた決定的名盤です。

▶Black Holes & RevelationsをAmazonで見る

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム、「ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ」からおすすめの名曲

Map of the Problematique
ミューズ
2006/06/19 ¥250

Invincible
ミューズ
2006/06/19 ¥250

「Mapof the Problematique」のようなカッコいい曲があるかと思えば、「Invincible」のように優しい曲も。「Knights Of Cydonia」は世界観が独特すぎて映画を見ているかのような感覚を覚える名曲です。

少し初期のクイーンと通じるところがあるのかなと思います。



ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム第2位:オリジン・オブ・シンメトリー

最高傑作のデビューアルバムを生んでそのまま力尽きてしまうバンドも少なくない中、ミューズはデビューを皮切りにどんどん進化し続けます。

あふれんばかりの音の洪水に飲み込まれそうになるくらい濃密で圧倒されるミューズのセカンドアルバム「Origin Of Symmetry」は、今聞いても実験的で斬新さを感じます。

プログレッシブ・ロック的な特徴を盛り込み、単調ではない曲構成や展開の曲が多いのかと思えば、ギターリフが印象的なキレキレのとんがったロック曲がある前衛的なアルバムでミューズの屈指の名盤。

▶Origin of SymmetryをAmazonで見る

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム、「オリジン・オブ・シンメトリー」からおすすめの名曲

Plug In Baby
ミューズ
2001/07/17 ¥250

Citizen Erased
ミューズ
2001/07/17 ¥250

「Plug In Baby」はリフが最高な一曲。まさにキラーチューンでしょう。

「Citizen Erased」は本国ではMUSEの曲の中で1番人気だったと思います。終始シリアス&緊迫感ある雰囲気がたまりません。

「Bliss」もサビが美しくておすすめの名曲です。そのほかの曲も良曲ぞろいで、21世紀どころかロック史に名を刻むほどこのアルバムはおすすめです。

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム第1位:アブソリューション

ミューズの音楽性、様式を完成させ、広い層にミューズの音楽が受け入れられたのが「Absolution」。

2位で挙げた「オリジン・オブ・シンメトリー」こそ実験性、革新性という意味ではミューズ随一ですが、聞き手の幅を大きくグッと広げたという意味ではこのアルバムが最高傑作。

「オリジン・オブ・シンメトリー」で表れているミューズの独創性は失われず、なおかつ幅広い聞き手にアプローチしたのはミューズの成功にとって大きな意味をもたらすもの。

新たなファンを獲得したミューズの名盤であり、まさにミューズの絶頂、全盛期の象徴的な最高傑作です。

▶AbsolutionをAmazonで見る

ミューズ(MUSE)のおすすめアルバム、「アブソリューション」からおすすめの名曲

Stockholm Syndrome
ミューズ
2003/07/14 ¥250

Hysteria
ミューズ
2003/09/15 ¥250

最高傑作の名盤「アブソリューション」でおすすめの曲は「Stockholm syndrome」や「Hysteria」といったアグレッシブな切れ味抜群のキラーチューン。

「Time Is Running Out」もミューズの得意な感情の抑揚が強い名曲。

「Butterfly And Hurricanes」や「Apocalypse」といったピアノが印象的な美しいキレイな曲も堪能できるのも良いですね。

攻守バランス完璧なアルバムです。個人的には、私がMUSEにはまるきっかけになったアルバムでもあり思い入れが深いです。MUSEで迷ったらこの最高傑作「アブソリューション」を聞いてください。



ミューズ(MUSE)はライブアルバムもおすすめ

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

むしろライブアルバムをさきに聞くのもありといってもいいくらいミューズのライブパフォーマンスはすばらしいです。

ミューズのライブ映像はすべて持っていますが、「Haarp (Live From Wembley Stadium)」が最高です。このライブを一言で表すなら、“絶頂”ですね!曲、演奏、演出すべてが最高なんです。

レッド・ツェッペリンでいう、「伝説のライヴ」のような位置づけだと思ってます。これレッド・ツェッペリン史上最強のライブ映像なんです!これで「Haarp」が完成度の高いライブアルバムということが伝わるでしょうか。とにかく聞いてほしい最高のライブです。

▶HaarpをAmazonで見る

ミューズ(MUSE)の魅力ミューズ(MUSE)の魅力①過剰すぎるサウンド

ミューズの音は3人で出す音とは思えない迫力があります。

おおげさすぎるとも思える壮大なサウンドには本当に圧倒されます。アルバムの完成度の高さはプロデューサーの手腕による力も大きいと思いますが、マット、クリス、ドムの実力はすさまじいです。

ミューズ(MUSE)の魅力②アルバムの多様性

アルバムごとに色が違うということはまあよくありますが、MUSEのアルバムごとの音楽性の違いは、好みがかなり分散されるほど異なります。

プログレッシブ・ロック的な音楽かと思えばクラシック要素の強いアルバムだったり。アルバムごとに違う一面を見せるのが魅力的で、飽きないんです。次はどんなコンセプトなのか、毎回楽しみです。

おすすめアルバムまとめ

以上、ミューズ(MUSE)のおすすめアルバムランキングでした。

  1. アブソリューション
  2. オリジン・オブ・シンメトリー
  3. ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ
  4. レジスタンス
  5. ショウビズ

本当にどれもおすすめですが、1位に挙げた「アブソリューション」ははずしません。

ミューズのアルバムを聞いたことがない方はぜひ手に取ってみてください。

Amazonでお得にCDを購入する方法

Amazonでお買い物する際はチャージしてギフト券を使うのがおすすめです。

 

チャージするたびに最大2.5ポイント貯まるのでお得。

 

初めてチャージする方は5000円チャージで1000ポイントゲットしましょう!