お得に安く音楽を手に入れよう

原曲超え?洋楽名曲の良質カバー集!ロックバンドやスターによる有名カバーソング

有名ミュージシャンによるカバーは名曲たる証。

しかしときにはオリジナル超えをしてしまう良質カバーも。

今回はそんな有名ミュージシャン、ロックバンドによる良質名曲カバーを紹介します!

洋楽ロック曲のカバー:Come Together / マイケル・ジャクソン(ビートルズのカバー)

Come Together
マイケル・ジャクソン
1995/06/18 ¥200

イギリス出身のロックバンド、ビートルズの名盤「Abbey Road」に収録されている曲「Come Together」をキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンがカバーしたものです。

もともとの曲調とマイケルの歌い方は親和性があるなと感じます。

洋楽ロック曲のカバー:Oh, Pretty Woman / ヴァン・ヘイレン(ロイ・オービソンのカバー)

(Oh) Pretty Woman
ヴァン・ヘイレン
2004/07/13 ¥250

ヴァン・ヘイレンがオリジナルだと思っていた人も多いのではないでしょうか?

(Oh) Pretty Woman」はもともとロイ・オービソンの曲ですが、ヴァン・ヘイレンによるカバーも有名ですね。

重厚感あるロック色強めのサウンドが良いですね!

洋楽ロック曲のカバー:To Be With You / ウエストライフ(MR.BIGのカバー)

To Be With You
Westlife
2003/11/24 ¥200

MR.BIGの代表曲をアイルランド出身のアイドルポップグループのウエストライフがカバーしたものです。

オリジナル自体柔らかくて心地よい曲ですが、ウエストライフのクリーンでキレイなボーカルで柔らかくも爽やかなイメージに。コーラスの美しさが秀逸です。

洋楽ロック曲のカバー:You Might Think / ウィーザー(ザ・カーズのカバー)

ユー・マイト・シンク
ウィーザー
2011/07/27 ¥250

ザ・カーズの代表曲をアメリカのロックバンド、ウィーザーがカバーしたのがこちらの「ユー・マイト・シンク」。

癖のない完璧なカバーでザ・カーズのオリジナルより現代的なアレンジな印象です。

ザ・カーズは個人的に好きですが、この曲のカバーだけはウィーザーのほうがお気に入りです。

洋楽ロック曲のカバー:Africa / ウィーザー(TOTOのカバー)

Africa
ウィーザー
2018/05/29 ¥250

こちらの「Africa」もアメリカのロックバンド、ウィーザーTOTOの名曲をカバーしたものです。

壮大な曲のイメージを損なわずにウィーザーらしいポップなサウンドでカバーするのはさすが。TOTOとは違い若さと爽やかさがあるのでカバーのほうが好みという人も多そうですね。

洋楽ロック曲のカバー:You Really Got Me / ヴァン・ヘイレン(キンクスのカバー)

You Really Got Me
ヴァン・ヘイレン
1978/02/10 ¥250

ヴァン・ヘイレンによるキンクスのリフが印象的な曲のカバーです。

ヴァン・ヘイレンverの「You Really Got Me」はハードなサウンドで全体的に華やかさがありますね。個人的にはオリジナルよりヴァン・ヘイレンのほうがアグレッシブな印象で好みです。

洋楽ロック曲のカバー:Please Don’t Leave Me / プリティ・メイズ(ジョン・サイクスのカバー)

Please Don’t Leave Me
プリティ・メイズ
1992/02/20 ¥200

Please Don’t Leave Me」はデンマーク出身のヘヴィ・メタルバンド、プリティ・メイズによるジョン・サイクスの曲のカバーです。

プリティ・メイズにとってはまさかのカバー曲がバンド最大のヒットとなる結果に。

ジョン・サイクスの叙情的ギターサウンドの再現度が高いです。

洋楽ロック曲のカバー:(I Can’t Get No) Satisfaction / ディーヴォ(ローリング・ストーンズのカバー)

(I Can’t Get No) Satisfaction
ディーヴォ
1978/08/28 ¥250

アメリカのバンド、ディーヴォによるローリング・ストーンズの代表曲のカバー。

斬新すぎるアレンジはオリジナルを感じさせないほどです。

こればっかりはローリング・ストーンズのオリジナルバージョンが好きですが、こういうカバーもアリなんだなと思わせる曲。

洋楽ロック曲のカバー:I Fought The Low / グリーン・デイ(ザ・クリケッツのカバー)

I Fought the Law
Green Day
2004/02/03 ¥200

オリジナルはザ・クリケッツ、しかしパンク・ロックバンドのザ・クラッシュでよく知られていますね。

これはグリーン・デイバージョン。

ポップで軽やかな仕上がりでシンプルで聞きやすい曲がさらに親しみやすい曲に。

洋楽ロック曲のカバー:Don’t Stop Me Now / マクフライ(クイーンのカバー)

Don’t Stop Me Now
マクフライ
2006/01/01 ¥250

イギリスのロックバンド、マクフライによるクイーンの名曲「Don’t Stop Me Now」カバー。

クイーンに歌い方からサウンドまで寄せてあります。個性はそれほど感じられませんが、クイーンへの愛とリスペクトは感じます。

洋楽ロック曲のカバー:Viva la Vida / ペット・ショップ・ボーイズ(コールドプレイのカバー)

Viva la Vida / Domino Dancing
ペット・ショップ・ボーイズ
2009/12/11 ¥250

コールドプレイの代表曲「Viva La Vida/Domino Dancing」をイギリスのポップデュオ、ペット・ショップ・ボーイズがカバーしました。

コールドプレイの幻想的な世界観もペット・ショップ・ボーイズによって見事近未来的でポップ感満載のサウンドに。アレンジで全然違った曲になりますね。

洋楽ロック曲のカバー:Knockin’ on heaven’s door / ガンズ・アンド・ローゼズ(ボブ・ディランのカバー)

ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア
ガンズ・アンド・ローゼズ
1991/09/17 ¥250

Knockin’ On Heaven’s Doorはボブ・ディランの名曲をアメリカのロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズがカバーしたものです。

ほかにもエリック・クラプトンやアヴリル・ラヴィーンなど多くのミュージシャンにカバーされていますが、ガンズ・アンド・ローゼズがロック感強くてかっこいいですね!

 

洋楽ミュージシャン特集や最新ライブ映像を見るなら▼



おわりに

やっぱりオリジナルが良い!これはオリジナル超えだ!

いろいろな感想があると思います。オリジナルの良さを再確認できたり新たな一面が発見できたりできるのがカバーの良さですね!

Amazonからの購入の際はギフト券から購入するとよりお得。ギフト券チャージはこちら↓