♪愛してやまないMUSEの名盤ランキング♪

【ロック好きの私あるある】ゲームのキャラにはロック関連の名前つけがち

私だけのあるある話です笑

ゲームでキャラクターに名前をつけるとき、ロック好きがひそかにアピールできるようなものを考えがちなんです。

そんな私がゲーム内で使用している名前をさらす、ただそれだけの記事です。

ゲームのキャラにはロック関連の名前つけがち

まずはMHWから!

プレイヤー名がノエル。オトモアイルー(サポートキャラ)の名前はリアムです。

お察しのとおり、オアシスから名前をとってます。

ギルドカード(プロフィール的なやつです)も以前はこんなのにしていたり・・・。

左上の称号を見てみてください。「ロックンロール系オアシス」です。オアシス感出てません!?笑

現在は下記の称号に落ち着いていますが。

「太陽と旋律」。

キング・クリムゾンのアルバム「太陽と戦慄」からとっています。

戦慄の漢字が違いますけどね笑

次はポケモン。

名前はあいかわらずノエル・ギャラガーからとった名前で。

カード左下に好きな数字を入れられるんですけど、ロックにちなんで「69」です。

ポケモンは初代から今まですべてやっていて、子どものころはデフォルト名至上主義だったんですよ。

初代だったらレッドとグリーン、2世代目だったらゴールドとシルバーで。

今は名前も楽しむ要素になりました。

ポケモンのニックネームでもたまに遊びます。

これロック曲からとってるんですよ。

上から、メタリカの「ザ・フォー・ホースメン」、エマーソン・レイク・アンド・パーマー「タルカス」、メタリカ「エンター・サンドマン」、キング・クリムゾン「ポセイドンのめざめ」、クイーン「デライラ」、キャメル「少女フリーザ」が元ネタです。

一番気に入っているのはサンドマンという名前。

本当の名前はサンドパンなので、あまりにも自然すぎるニックネームです笑

こちらは、曲タイトルになっている女性の名前をつけています。

あっ、「ペニー・レイン」以外は、です。

「どうぶつの森」は、世界観にあわせてゆるふわな可愛い名前にしちゃった。

それでも音楽っぽい名前にしてるよ〜。