エルトン・ジョン伝記映画「ロケットマン」は愛の物語だった。感想と見どころを紹介します

エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」。

いや~結論からいうとめちゃくちゃ良かったです。

クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディー」のエルトン・ジョン版という感じでした。

ストーリーも、見せ方もわりと似ていると思いましたね。

「ロケットマン」は、ややミュージカル映画風ではありましたが。

ライブシーンも感動的で良かったですね~。ということで、映画「ロケットマン」を見た感想をつづります。

>>エルトン・ジョンのおすすめアルバムはこちらで紹介しています!

>>映画「ロケットマン」で心に残った名曲はこちらで紹介しています!

【感想】映画「ロケットマン」は愛の物語だった

愛の物語でした。

父親と母親から十分な愛を受けずに育ち、ロックスターになってもやっぱり心に穴が開いたまま。

寂しい、愛されない、孤独な自分を隠すために、派手な衣装をまとったロックスターとなります。

やがて本当の自分の姿でいることに恐れを感じ、お酒・ドラッグまみれに。

どんどん自分を破滅の道へ追い込んでいきます。

私はエルトン・ジョンの音楽しか知らなかったんですが、きらびやかな姿の背景にこんな苦しみがあったんですね。

ロックスターでない自分は「愛されない」。

それがずっとエルトン・ジョンの中にあって、心身を蝕んでいたんですね。

依存しないとやってられない中ずっともがいてきたんだと思うと、ちょっと音楽の聴く姿勢が変わりますね。

でも、最後は苦しみに立ち向かうと決め、実際に禁酒しプライベートも充実しているため良かったです。

【感想】映画「ロケットマン」で感動した場面&見どころ

映画「ロケットマン」で個人的に感動した場面&見どころを紹介しています。

「僕の歌は君の歌」が生まれた瞬間

Your Song
エルトン・ジョン
1970/04/10 ¥250

一番感動したのは、エルトン・ジョン不朽の名作「僕の歌は君の歌」が誕生した瞬間。

作詞家のバーニーから渡された歌詞を、たったの10分程度で完成させたという曲です。

事実かどうかはわかりませんが、映画を見る限りだと、バーニーへの思いからこんなロマンチックな音があふれてきたのかな~と思いました。

歌詞を書いたバーニーも聞き入ってしまうほどの美しい曲。

名曲誕生の瞬間は鳥肌でした。

ちなみにこの曲は下記アルバムに収録されています↓↓

Amazon Music Unlimitedでもアルバムをフルで聞けます。

30日間の無料お試し期間もあるので、今すぐ聞くならおすすめですよ。

無料お試し期間で解約すれば料金は一切かかりません!

Amazon Music Unlimitedを無料体験してみる

内気な性格だったエルトン・ジョン

ビーチ・ボーイズやニール・ダイアモンドが来ていたということで、そんな大物の前でパフォーマンスできるかとトイレに閉じこもってしまう場面。

駆け出しのミュージシャンなら、「ロックスターの前で俺のすごさを見せつけてやるぜ~」なんて思いそう。

なのに、緊張やプレッシャーから弱気になるところが、エルトン・ジョンの性格を表していると思いました。

いかにも普通の人っぽくて、そこはちょっとクスッとしてしまいました。

苦しみに立ち向かう決意をした瞬間

I’m Still Standing (Remastered)
エルトン・ジョン
1983/07/03 ¥250

一時はエルトン・ジョンのもとから去ったバーニー。

しかし、再びエルトン・ジョンに歌詞を手渡しました。

ひどいことも言われたけどそれでもエルトン・ジョンと仕事をしたいと思ったのは、長年育んできた絆なんでしょうね。

エルトン・ジョンを苦しめたあらゆる依存症に立ち向かい、再起しようとしたシーンは感動しました。

最後の楽曲「I’m Still Standing 」。

名曲ですが、「ロケットマン」を見た後に聞くともうさらに名曲度合いが増します。

希望、決意。そんな力強い思いを感じますね。

ちなみに下記アルバムにこの曲は収録されています↓↓

Amazon Music Unlimitedでもアルバムをフルで聞けます。

30日間の無料お試し期間もあるので、今すぐ聞くならおすすめですよ。

無料お試し期間で解約すれば料金は一切かかりません!

Amazon Music Unlimitedを無料体験してみる

映画「ロケットマン」でエルトン・ジョンがもっと好きになる

同じロックスターの伝記映画だと「ボヘミアン・ラプソディー」がとても良かったため、それと比較しちゃうんじゃないかな~と思いそこまでは期待していませんでした。

ですが、想像以上に感動でした。

そして感動以上に、これまで聞いていたエルトン・ジョンの楽曲をまた改めて聞きたくなったことが大きいです。

またエルトン・ジョンの楽曲を楽しむ方法を教えてくれたので、私はとても満足しました。

とくに「僕の歌は君の歌」。さらに好き度が上がりましたね。

エルトン・ジョンへの愛にあふれた映画でした。

>>エルトン・ジョンのおすすめアルバムはこちらで紹介しています!

>>映画「ロケットマン」で心に残った名曲はこちらで紹介しています!