【日本ではいまひとつ?でも良曲ばかり!】ロックバンド、ザ・カーズのおすすめアルバム紹介

「カーズ」と聞いてあなたは何をまっさきに思い浮かべますか?

ディズニー映画の「カーズ」?ジョジョの奇妙な冒険第2部のラスボス「カーズ」?

・・・残念、ディズニーのカーズでも柱の男のカーズでもありません!

アメリカのロックバンドの「カーズ(The Cars)」です!カーズの軌跡・魅力からおすすめの名盤を紹介します。

Amazon Music Unlimitedを体験しよう

Amazon Music Unlimited なら6500万曲以上が聞き放題!

 

30日間の無料お試し期間があるのでお気軽に試してみてください。

 

スマホやパソコンでいつでも音楽が楽しめて便利ですよ!

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する

ロックバンド、カーズ(The Cars)のアルバム:「錯乱のドライヴ」

ザ・カーズは1978年に「錯乱のドライヴ」というアルバムでデビューしました。

カーズはボーカル&ギターのリック・オケイセックのワンマンバンドとよくいわれます。実際、カーズの曲の多くはリックによって書かれていて、このアルバムもリックがほぼ作曲作詞を手掛けたもの。

しかし、ちょっと変わっているのが、バンドにボーカルが二人いるということ。リック・オケイセックと、ベース担当のベンジャミン・オールです。この二人がだいたい半々くらいでボーカルを担当するのが、カーズ。

このアルバム「錯乱のドライヴ」も二人でボーカルを分けています。

「燃える欲望(Just What I Needed)」をきっかけにカーズはロックスターへの道を歩みはじめます。

Just What I Needed
ザ・カーズ
1978/06/06 ¥250

Bye Bye Love
ザ・カーズ
1978/06/06 ¥250

▶「錯乱のドライヴ」をAmazonで見る

ロックバンド、カーズ(The Cars)のアルバム:「キャンディ・オーに捧ぐ」

セカンドアルバム「キャンディ・オーに捧ぐ」をリリースしたのはデビューの翌年1979年。

ちょっぴり色っぽいアルバムジャケットにドキドキしながら購入した人も多いのではないでしょうか?

そんなアルバムの肝心の中身は前作を同じ色を感じるものですが、私はこちらのほうが好きでおすすめしたいです。

前作を磨いて輝いたのが今作という印象です。

カーズのデビューからセカンドアルバムまではロック色が強めですが、その後はポップさを特徴とした方向性に行きます。「レッツ・ゴー」という曲はその原点とも思えるような曲。

この曲こそが、カーズの基盤となったように感じられます。特別インパクトある曲はないかもしれませんが、佳曲ぞろいなのでカーズを知らない人にもおすすめしたいアルバム。

Let’s Go
ザ・カーズ
2009/07/03 ¥150

Candy-O
ザ・カーズ
1979/06/01 ¥250

▶「キャンディ・オーに捧ぐ」をAmazonで見る

ロックバンド、カーズ(The Cars)はポップ路線へ、名盤「ハートビート・シティ(Heatbeat City)」

1983年にリリースされた「ハート・ビート・シティ」は、カーズ史上もっとも商業的成功をおさめた名盤。

「ハートビート・シティ」はロックファンであれば持っていてほしい、ロックファンでなくても実におすすめしたい1枚です。カーズの音楽におけるすべての要素がつまった名盤です。

※「ハートビート・シティ」の前にも2作(「パノラマ 」と「シェイク・イット・アップ」)ありますが、少し実験的な要素を含み、突出した名曲がないため省きました

「Drive」というバラード曲は、ベンジャミンの甘いボーカルが美しいサウンドをマッチしていて、美しくも切ない。

ベンジャミンは癌により亡くなるには早い年齢でこの世を去ってしまうのですが、その事実がまたより一層心を締め付けます。

そして「You Might Think」という、リックのボーカル曲。これはほとんどの人が聞いたことがあると思います。

映画「カーズ」にも使われていました(映画で使用されていたのはアメリカのロックバンド、ウィーザー(Weezer)によるカバーのほうですが・・・)

POINT
「You Might Think」のミュージックビデオは、第一回ミュージックビデオアワード最優秀賞を受賞しました。

実際にミュージックビデオを見れば最優秀賞に疑問を持つかもしれません。しかし、最優秀賞の候補としてマイケル・ジャクソンの「スリラー(Thriller)」もあったそうですから、それを押しのけての受賞と思うとすごいと思いませんか?

You Might Think
ザ・カーズ
1984/03/13 ¥250

Drive
ザ・カーズ
1984/03/13 ¥250

▶「ハート・ビート・シティ」をAmazonで見る

ロックバンド、カーズ(The Cars)の「ハートビート・シティ」後

画像Amazon

その後、アルバム「Door To Door」をリリースしますが、セールスはいまひとつ。

駄作とかではないのですが、それまでのアルバムと比較するとやや地味で劣る印象なのは否定できません。

そして、このアルバムからまもなくカーズは解散します。

メンバーの不仲だとかいろいろ推測されましたが、実際のところは不明。

2000年にカーズはメンバーのベンジャミン・オールを癌によって失い、本当のオリジナルメンバーでの再結成は叶うことがなくなりましたが、2010年にはベンジャミン以外のメンバーで再結成し「Move Like This」をリリースしています。

ロックバンド、カーズ(TheCars)を聞こう!

以上、ザ・カーズのおすすめアルバムとバンドの紹介でした。

カーズのアルバムセットボックス↓は最新作意外アルバムが入っていてアルバム1枚分ほどの価格なのでおすすめです。