ブリティッシュ・ロック福袋2020ネタバレ

【題名の読み方】クラシック音楽の曲名(タイトル)が長すぎる!どうやって読む?その意味を解説

クラシック音楽を聞くとき、その題名の長さと意味がわからないために敷居が高く感じてしまうことはありませんか?

しかし、題名につけられる長ったらしいタイトルの意味を理解してしまえばなんてことはありません。

本記事では、クラシック音楽の題名の意味について解説します。

Amazon Music Unlimitedならクラシック音楽が今すぐ聞けます

Amazon Music Unlimited ならクラシック音楽がいつでもどこでも聞き放題です!

 

もちろん、音楽家別に聞くこともできますよ~。幅広くクラシック音楽をいつでも聞けるのでおすすめです!

 

30日間の無料お試し期間もあるのでお気軽に聞いてみてください♪

 

無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりませんよ。

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する

クラシック音楽の題名の意味

チャイコフスキーの作品をもとに解説します。

交響曲第1番 ト短調 作品13「冬の日の幻想」

  • 「交響曲第1番」:交響曲の通し番号。作曲家が作品への番号付けを意識するようになったのはベートーヴェンからで、それ以前のものは研究家によって後に整理されたものになります。
  • 「ト短調」:第1楽章の、序奏がある場合の主部のキーを表します。これによってその音楽のおおよその世界観がイメージできるようになっています。
  • 「作品13」:作曲者の作品の通し番号です。
  • 「冬の日の幻想」:副題。作曲者自身でつける場合もあればそうでない場合も。副題があれば、それがどんな曲なのかイメージしやすいですね。
Amazon Music Unlimitedならクラシック音楽が今すぐ聞けます

Amazon Music Unlimited ならクラシック音楽がいつでもどこでも聞き放題です!

 

もちろん、音楽家別に聞くこともできますよ~。幅広くクラシック音楽をいつでも聞けるのでおすすめです!

 

30日間の無料お試し期間もあるのでお気軽に聞いてみてください♪

 

無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりませんよ。

 

無料トライアルお申し込みはこちら

 

Amazon Music Unlimitedを無料体験する

クラシック音楽の題名の意味がわかればもっと理解が深まる!

クラシック音楽の題名を意味について解説しました。

クラシック音楽を聞こうとすると、似たようなタイトルがずらっと出てきたり題名が長すぎてちょっととっつきにくい雰囲気がありますよね。

でもこのようにクラシック音楽の題名を理解すれば、グッと聞きやすくなってくると思います。

ぜひクラシック音楽を聞く前に知っておきましょう。

<参考資料>

「CD付徹底図解 クラシック音楽の世界」田村 和紀夫 (著) 新星出版社 (2011/7/1)